ニーハオ!子連れ台湾紀行

台湾大好き“おべに”のはちゃめちゃ子連れ旅を思いのまま記録します

台湾的グルメ!台北『劉媽媽飯糰』編。

(※こちらの記事はリライト修正したものです)

 

ニーハオ!おべにです!

 

最近、朝晩ストレッチや筋トレを頑張ってるおべにです!

 

もともとは猫背改善のために整体に行き始め、

体力をつけましょうと言われたのでジムに通い出し、

ジムでのウォーキングが50分で5.5kmぐらい歩けるようになり、

最近動くのが楽しくなってきたんです!

 

それでどうせならダイエットもしちゃう?!と調子こいて、

夜はこちらのエクササイズを実践してるんですが、

 

 

いや~キツイっす!!

 

ちょっとは体力ついたかな~と思っていましたが、

全然でした…。

 

退化していく体に逆らって鍛えるのって、

実は大変なんだと痛感!!

 

若いうちから習慣化しとけばよかった〜!と

今更ながら後悔しております…。

 

 

さてさて、

今回は台湾のおにぎり『飯糰』の専門店、

『劉媽媽飯糰』のご紹介です!

 

 

『飯糰』ってなに?

 

『飯糰』とは台湾版のおにぎりの事です。

 

台湾では日本のおにぎりも『飯糰』と言うようですが、

私がご紹介したいのはこの台湾の伝統的な朝食おにぎり。

 

めちゃめちゃ具材たっぷりで、

おにぎらずみたいな感じと言えばわかりやすいかな?

握ってるんだけど。(←どっちやねん)

 

実は私、『飯糰』を食べるのはこの日で2回目でした。

 

というのも、かれこれ6年前かな?

当時宿泊していたホテル近くの朝食店で初めて食べた時に

あんまり美味しいと思えなくて…。

 

なのでずっと食すことは無かったんです。

 

 

でも今回ご紹介するのは『飯糰』の専門店。

作り置きじゃなくその場でパパッと作って

出来たてがいただけるので期待大!!

 

ズバリ!!

めちゃめちゃ美味しかったです!

 

 

超有名店『劉媽媽飯糰』へGO!

 

訪れたのは超がつくほどの有名店。

『劉媽媽飯糰』です!

f:id:obeni935:20190829145436j:plain

 

東門のホテルからYou Bikeで行きました。 

 

お店に着いたのは6時頃。

この時は空いていましたが、

後ほどお店の前を再び通ったら行列が出来始めていました!

 

もしかしたら、

朝食にちょうどいい時間帯はかなり並ぶかもしれません。

 

でも手早くその場でパパッと作ってくれるので、

そんなに待つことはないかと思います。

 

SNS、OK?」と言ったら頷いてくれたので、

作っているところを撮らせていただきました!

 

めっちゃ手早い~!!

(この動画をブログに載せるためだけにツイッターにUPしましたよw。

日頃は全然つぶやいてませんw。)

 

こちらは外帯(テイクアウト)のみ。

店内席はありませんので、

近くの公園等でいただきましょう。

 

いざ『劉媽媽飯糰』から外帯で実食!

 

 私が注文したものは、

お店オススメの招牌紫米飯糰 45元。 

f:id:obeni935:20190829145442j:plain

食べかけでスイマソ…

ん~~!!

紫米のプチプチ感と油條のサクサク感がたまらない!!

 

中に具材がぎっしり!

肉鬆、菜脯、ザーサイ、油條、煮卵などなど。

 

それがうまいこと調和されていて

味もまとまってるから不思議です。

 

朝から幸せ〜!

 

そして1個がめちゃめちゃ大きいです!

女性だと1個でお腹いっぱいになっちゃいますね。

 

これで約150円はお安い!!

 

 

実はこの日、

もう一件朝食屋さんをハシゴしたんです。

 

それもあって、飯糰の半分は

おにぎり大好きなポテコの朝食用にと残したんです。

 

それで高雄に向かう高鐡の中で

食べさせようとしたんですが、

全く見向きもされませんでしたw。

 

結局、

母のお腹の中に全て収まるのでしたw。

 

『劉媽媽飯糰』の行き方

 

私は『劉媽媽飯糰』までYou Bikeで行きましたが、

最寄駅はMRT松山新店線・中和新蘆線の『古亭站』です。

 

歩いて7〜8分のところに『中正紀念堂』があります。

合わせて訪れてもOK!

 

『劉媽媽飯糰』には座席がないので、

中正紀念堂』の廣場で食べたら気持ちいいかも♪

 

『劉媽媽飯糰』の詳細情報

 

住 所 台北市中正區杭州南路二段88號
アクセス MRT松山新店線・中和新蘆線『古亭站』から徒歩3分
営業時間 5:00~11:00
定休日 月曜日

  

以上、台湾的グルメ!台北『劉媽媽飯糰』編。でした!

 

それでは再見!