ニーハオ!子連れ台湾紀行

台湾大好き“おべに”のはちゃめちゃ子連れ旅を思いのまま記録します

マニアック台湾シリーズ・『鹿港貝殻廟』編。

f:id:obeni935:20190510100556j:plain

 

你好!おべにです!

 

本日の地元の最高気温、11℃でした。

首都圏の最低気温より低いです(^-^;)。

 

ちなみに北海道あるあるを一つ。

 

5月までストーブは使います!

 

 

 

さてさて、気をとり直して本題へ。

本日からマニアック台湾シリーズをお届けしたいと思います。(←子連れ旅はどうした?!)

 

4年ほど前、台湾に1ヶ月半ほど滞在していた時のこと。

ダンナはんは夕方から夜まで仕事をしていたので、いつもお昼ぐらいまでご就寝。

私はというと、毎日せっせと街歩きに勤しんでおりましたw。

 

そこで、どうせダンナはんは興味ないだろうからとマニアックな観光名所?めぐりをしはじめました~。

 

ただ、この長期滞在期間中の3分の2は体調不良でした…。

なので思ったほど行けなかったのですが、ぜひとも皆さんにもオススメしたい!場所を綴ってまいります。

 

まずは『鹿港貝殻廟』から~!

『奇界遺産』掲載の貝殻廟へ

皆さん、『奇界遺産』って本はご存知ですか?

世界の奇妙なモノ・場所が載っている写真集なんですけど、

鹿港へ行く旅程を決めるため、いろいろ検索してたらなぜかこの写真集の情報がひっかかる。

 

なになに、貝殻廟?

貝殻廟といえば台北からも近い『三芝貝殼廟』が有名だけど…。

 

実際本屋で写真集をチェックしに行きましたよw。

おぉ、なんだか面白そう!

見たらなんだか行きたくなってしまうのが、人間の性。

 

もともと鹿港には行く予定だったんだし、一足延ばして行ってみよう!ってことで行ってきました!

 

まずは鹿港まで行く

鹿港まではいろんな行き方があると思いますが、私は高鐵に乗って台北→台中まで行きました。

ちなみにこちらでチケットを購入。

 ↓  ↓  ↓

【台中駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定

 

そこから台鐵に乗り換えて新烏日站→彰化站へ。

(高鐵台中站と直結しているのは新烏日站です)

f:id:obeni935:20190510114652j:plain

 それから彰化客運のバスターミナルに行って台湾好行・鹿港線に乗りました。

f:id:obeni935:20190510114950j:plain
この路線バス、実は高鐵台中站が始発なのです。

なので始発から乗ったほうがラクですが、時間がめちゃめちゃかかるもよう…。

 

私の場合は荷物を行李房に預けたかったので、高鐵台中站には戻らないから預けられないし、鹿港のあと彰化站周辺を観光予定だったため彰化站に預け、そこからバスで行くことにしました。

乗り換えが面倒ですが、1時間ほど到着は早くなります。

 

バスに揺られて50分ほど。

鹿港の観光案内所の近くで下車しました。

 

いざ!『鹿港貝殻廟』へ

鹿港をたっぷり観光し、腹ごしらえを済ませあとYouBikeに乗って『鹿港貝殻廟』へ!

鹿港でも至るところでYouBikeが借りられますよ~。

私は『鹿港文武廟の前で借りました。

 

のんびり1人旅だったので自転車にしてみましたが、めちゃめちゃ熱かった!

12月でも鹿港、日差しが強いです!!

自転車はあまりおすすめしませんw。

 

ゆっくり走る事15分ほどで着きました!

タクシーだと5分ぐらいで着くと思います。

 

どーん!(←効果音に頼っとる)

f:id:obeni935:20190510100553j:plain

緑に囲まれていい感じ♪

周りは田んぼや畑しかなくて、この廟だけぽつんとありました。

ちなみに私以外はタクシーでやってきた1組の中国人っぽい観光客のみ。

 

おお、本当に貝殻で出来てる!

そしてなんだかカオスな予感もしてきました!

f:id:obeni935:20190510100555j:plain

いざ、入ります!

f:id:obeni935:20190510100557j:plain

はい、どーん!(←また効果音に頼りやがった)

f:id:obeni935:20190510100601j:plain

江頭ちゃーん!!

 

そう、これが見たかった!

でもずっと見てるとプロレスの武藤敬司選手にも見えてくるw。

なんで服来てないんだろ。

f:id:obeni935:20190510100603j:plain

江頭ちゃんにばかり気をとられてしまいそうですが、ここは貝殻廟。

人形以外はほぼ貝殻と珊瑚でできているのです!

f:id:obeni935:20190510100604j:plain

ここは陶器の破片っぽい。

f:id:obeni935:20190510100606j:plain

柱も貝殻!

なんの貝なんだろ~。

f:id:obeni935:20190510100607j:plain

神様?が覗いてます。

 雨の日はどうするのかしら???

f:id:obeni935:20190510100619j:plain

見てください、コレ!

f:id:obeni935:20190510100621j:plain

f:id:obeni935:20190510100622j:plain

龍と馬?も貝殻で出来ています!

ちょっとバランスが???なところもありますが、それもそのはず。

この貝殻廟は建築経験の無いおじちゃん1人が10年かけて造ったそうな!

なんでも、夢で貝殻で廟を造るようにお告げがあったそうです。

 

陰陽マークも貝殻。

f:id:obeni935:20190510100623j:plain

壁も貝殻。 

f:id:obeni935:20190510100625j:plain

天井も貝殻!

f:id:obeni935:20190510100627j:plain

肝心な祭壇?は貝殻じゃないんかいw。

f:id:obeni935:20190510100624j:plain

祭壇?横の階段を降りていくと…

f:id:obeni935:20190510100629j:plain

廊下の壁一面に貝殻で出来た壁画が!

f:id:obeni935:20190510100630j:plain

なんだかムーディーな感じになってますが、カメラの設定のせいです(苦笑)。

f:id:obeni935:20190510100635j:plain

 

廊下を抜けるとそこは???

貝殻壁画の廊下を通り抜けると、そこは売店になってました。

貝殻を販売しています。

f:id:obeni935:20190510100645j:plain

貝殻で出来たグッズもありました。

f:id:obeni935:20190510100644j:plain

このミニチュア廟も売り物なのかな?

f:id:obeni935:20190510100640j:plain

貝殻がずら~り!

補修用?増築用?

f:id:obeni935:20190510100646j:plain

魚もいました。

f:id:obeni935:20190510100637j:plain

f:id:obeni935:20190510100638j:plain

思わず2度見しましたが…

ノコギリサメです!

f:id:obeni935:20190510100649j:plain

廟よりこっちの方がカオスだわw。

f:id:obeni935:20190510100647j:plain

休憩するところもたくさんありました。

もはや何屋さんかわかりませんw。

f:id:obeni935:20190510100651j:plain

私はのんび~り30分ぐらい滞在してましたが、ざっと10分ぐらいで見終わると思います。

でもわざわざ行った甲斐あった~!!

まあ、ここだけが目的地なら行かなかったと思いますが…

是非、鹿港観光とセットで行ってみては?

 

詳細情報

住 所 彰化縣福興鄉福南村振興巷10-1號
アクセス 鹿港主要観光地から車で約5~10分、台鐵彰化站・高鐵台中站からそれぞれ車で約30分、
営業時間 年中無休
定休日 なし

 

 

以上、マニアック台湾シリーズ・『鹿港貝殻廟』編。でした!

次はどのマニアックな場所にしようかな~♪

 

それでは再見!